ぐるり舎は、言葉と空間の設計事務所です。

「ぐるり」とは、暮らしをとりまく身のまわりのこと。

わたしたちの「ぐるり」には、まだ名前も形もなくて見えないけれど「素敵ななものこと」の気配が、満ち満ちています。

そんな気配を丁寧に分析し、じっくりと向き合いながら、名前と寸法と素材をあたえて「素敵なものこと」を具現化してゆくことが、ぐるり舎の仕事です。

クライアント、職人をはじめ、関わるすべての方々と、スタッフ共々の協働の先に、自分の居場所だと感じる風景はつくられます。

一緒に「ぐるり」に、命を吹き込んでゆきましょう。


空間の設計部門

内装設計・建築設計業務を行います。

業務内容
1. 建築物の設計監理業務(新築・リフォーム)
2. 木造建築の耐震診断・耐震補強計画業務
3. DIY・セルフビルドサポート業務
4. 建築確認申請などの各種申請の代願業務

設計・監理の前段階(例:建設前の土地取得、リノベーションを前提とした建築取得など)から、お手伝いいたします。

▶︎ 設計の進め方(空間)

建築士事務所概要
一級建築士事務所 ぐるり舎
東京都知事登録 第62164号

代表:布留川真紀(一級建築士 第349267号)


言葉の設計部門

ライティング・編集業務を行います。

▶︎ 設計の進め方(言葉)


ぐるり舎 代表
布留川 真紀(ふるかわ まき)

千葉県生まれ、東京都文京区在住。日本女子大学・大学院家政学修了。一級建築士。
大学で衣・食・住を学び、修了後はアトリエフルカワ一級建築士事務所にて、無垢の木をつかった住まいづくりに5年間携わりました。

設計監理の仕事の傍らぐるり舎の前身となる活動を続け、2016年に独立し、ぐるり舎を設立。
以降、言葉と空間の設計を通して、日々の暮らしの中で愛されるものことづくりを続けています。

Blogにて、ぐるり舎での日々をご紹介しています。ぜひ、じっくりと時間をかけて探検してください。