設計の流れ(専用住宅の例)

  1. ご相談
    まずは気楽にご相談ください。空間づくりのこと、土地さがしのこと、暮らしのこと、将来のことなど、お会いしてお話しましょう。
  2. 提案書
    2週間程度(提案書作成費:5万円+税)

    規模・予算・どのような空間をご希望されるかをうかがい、敷地や法的な条件を整理して提案書を作成します。提案書をもとに、ご依頼いただくかどうかをご検討ください。
  3. 基本設計
    2ヶ月程度
    提案書をもとにして打合せをおこない、基本図(概要書・仕上表・平面図・立面図・断面図)をまとめます。プランやイメージなど建物の基本となる概要を決定します。
  4. 実施設計
    2ヶ月程度

    内外装の仕上げ・構造計画・設備計画など、さらに細かい内容について検討を進め、施工会社が見積や工事を行うために必要な実施図を作成します。
  5. 見積もり・建築確認
    1ヶ月程度
    実施設計がまとまった段階で施工会社に見積を依頼します。提出された見積書の査定をし、必要に応じて変更案・減額案を作成して、工事金額を調整します。
    また、建築確認に必要な図書を作成し、確認検査機関に建築確認を申請します。
  6. 現場監理
    6ヶ月程度
    工事金額がまとまり確認済証が交付されましたら、お客さまと施工会社のあいだで工事契約を結び、着工します。
    着工後は施工図の検討、設計図書の通り施工がなされているかどうかの確認、段階に応じた諸々の検査をおこない、報告いたします。
  7. 竣工検査・引き渡し
    確認検査機関による完了検査、施主検査をおこない、指摘事項を是正します。完了後に晴れてお引渡しとなります。
    竣工の半年後・1年後には検査を行います。その後のメンテナンスについてもいつでもご相談ください。

設計監理料

新築の場合は、工事金額の10%程度
リノベーションの場合は、工事金額の13%程度

※ 建築基準法上必要な構造計算の費用を含みます。
※ 提案書作成費は、設計監理契約に至った場合、設計監理料に含めます。
※ 遠方の場合、交通費をいただく場合があります。


家具工事、部分的なリフォーム工事、専用住宅以外の建築、外構工事等は、設計の進め方・料金ともに話し合いの上で決定しています。詳細については、どうぞお問い合わせ下さい。